垂らして予防 | フロントラインで愛犬のノミダニ対策をしよう。2種類の薬から選ぼう

垂らして予防

転がるカプセル

フロントラインの中でも取り扱いがしやすいと言われているものがフロントラインスプレーと呼ばれるものです。
では、もう1つの製品は取り扱いがしにくいのか……と言われると、そういうわけではありません。
もう1つの製品は「フロントラインスポットオン」と呼ばれる種類のもので、この種類のフロントラインは少々特殊な医薬品で、扱う際にはコツが必要になるのです。

この種類のフロントラインというのは、スポットオンと呼ばれる種類の医薬品です。
このスポットオンというのは、身体に対して濃縮された薬液を垂らし、皮膚から薬を吸収させる、と言うものです。
なので、薬液が身体に浸透するまでの間はペットをシャンプーさせてあげることが出来なかったり、薬液が口から体内に入っていかないように、垂らすポイントを肩甲骨の間などの舌や脚が届かない部位にするなど、様々な工夫が必要になるのです。

そのため、初めて扱う際にはどこにどのように使用すればよいのか、というのが上手く把握できず、使用するのを失敗してしまう場合もあります。
ですが、その分使用した際の効果は非常に強く、使用後約1ヶ月間の間は駆除、寄生予防効果が持続するので、一度の手間で非常に長い効果が期待できるのです。
慣れるまでは少々取り扱いに苦労するかもしれませんが、一度慣れれば非常に簡単に使用してあげることができるので、もし薬の強さで使用するものを選びたいのであれば、こちらのフロントラインスポットオンを使用してみましょう。